ゆうちょ銀の不正被害、計2150万円 ウェルネットで判明

2020/9/17 21:24
保存
共有
印刷
その他

ゆうちょ銀行は17日、連携するキャッシュレス決済サービスでの不正引き出し被害が7社で計2150万円(136件)となったと発表した。16日の時点では、6社で計1811万円(109件)だった。新たに決済サービスのウェルネットでの被害が判明したほか、スマホ決済大手のPayPay(ペイペイ)での被害額が増えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]