/

この記事は会員限定です

首相就任も日課継続 民間人と朝食 「国民感覚」重視

[有料会員限定]

菅義偉首相は新内閣の発足から一夜明けた17日午前、都内のホテルで民間人と朝食をともにした。官房長官時代から続けてきた民間人との意見交換を継続し、霞が関以外の意見を規制改革などの重要政策に生かす。官房長官時代からの日課である早朝の散歩も続ける。

首相は17日朝、首相官邸の敷地内を約40分散歩した。毎朝40分の散歩と、100回の腹筋は官房長官時代から日課としてきた。

首相は官房長官時代、朝、昼、夜と政官...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン