/

この記事は会員限定です

千葉のPSS、全自動PCR装置発売 自治体など導入

[有料会員限定]

遺伝子検査装置などを製造・販売するプレシジョン・システム・サイエンス(PSS)は、新型コロナウイルスのPCR検査を全自動でこなす装置と検査用試薬を国内で売り出した。本社を置く千葉県松戸市の市立総合医療センターなど導入例も出始めた。供給体制を徐々に拡充し、検査の迅速化に貢献する。

8月から装置2種類を発売した。同社がフランス企業にOEM(相手先ブランドによる生産)供給しており12検体を同時に処理できる「エリート インジーニアス」(参...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン