/

この記事は会員限定です

栽培技術の伝達、「おやじの背中」からデータへ

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

作物の育て方はおやじの背中を見て覚えろ――。農業界で昔からある言い方だ。だが生活を共にしながら、見よう見まねで技術を学ぶやり方には限界がある。そこで課題の解決に一役買うのがスマート農業の技術だ。

「収量が少しずつ増えてきたかな」。神奈川県寒川町でトマトをハウス栽培するベテラン農家の菊地弘幸さんは、スマート農業を導入した成果についてそう語る。活用しているのは、IT(情報技術)企業のセラクが開発した農場の環...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン