香川の酒類卸売2社が共同配送 コロナで配送量減
物流網の効率化狙う

2020/9/17 20:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香川県の酒類卸売会社2社が、ビールや日本酒など酒類の共同配送を9月から始めた。新型コロナウイルスの影響で飲食店向けの取扱量が減り、配送効率が悪化したのを受けての対応で、共同配送の対象エリアや取扱商品は順次、拡大させる。今後は参加する事業者も増やしたい考えだ。

共同配送を始めたのは久本酒店(高松市)とハスイ酒店(同)。9月上旬から香川県東かがわ市とさぬき市で共同配送を始め、観音寺市など高松市から距…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]