/

この記事は会員限定です

IPOが究極の活性化 野村証券社長、山陰合銀と連携で

[有料会員限定]

野村証券が初めて地銀と結んだ山陰合同銀行との包括的業務提携が、23日から本格始動する。松江や鳥取市などに開設するコンサルティングプラザなどで、協力して金融商品を取り扱う。新型コロナウイルスの影響や人口減少など課題山積の中、どんな効果を期待するのか。鳥取県米子市出身で山陰に縁がある野村証券の森田敏夫社長にテレビ会議で聞いた。

――改めて提携の狙いを教えてください。

「山陰合銀の地域における影響力は圧倒的なものが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1488文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン