敗軍の大戸屋社長「結果は真摯に受け止める」
コロワイドによる敵対的TOB成立

日経MJ
2020/9/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

外食大手のコロワイドによる大戸屋ホールディングスの敵対的TOB(株式公開買い付け)が成立し、11月4日に大戸屋が開く臨時株主総会で現経営陣が大幅に刷新される見通しとなった。大戸屋の現経営陣はコロワイドの強攻姿勢に真っ向から反対したが、株主を引き留めることはできなかった。敵対的TOBの成立をどう受け止めているか。大戸屋の窪田健一社長に聞いた。

――敗因は何だったのでしょうか。

「6月の株主総会から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]