/

この記事は会員限定です

「何のための開示なのか」 ESGに頭抱える企業

奔流 ESG投資(3)

(更新) [有料会員限定]

7月7日、味の素花王、日本生命保険など企業、投資家、監査法人の19社からなる「ESG情報開示研究会」が活動を開始した。まずESGの情報開示の現状を分析し、2年をかけて企業と投資家の双方が使いやすい開示のあり方をまとめる。

音頭をとったのは日立製作所グローバル渉外統括本部の渡辺英雄。ESGを経営にどう組み込むか、社内で立ち上がったチームに参加し、他社にも実情を聞いたところ、「何のための開示か」「評価会社に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン