/

決済アプリ「支払秘書」、不正入金疑い431万円

決済サービスを手がけるウェルネットは、同社のスマートフォン決済アプリ「支払秘書」で、なりすましが疑われるチャージ(入金)が35口座で計431万円あったと発表した。このうち、269万円が不正に使われた可能性があるという。

同社は不正な入金があった35口座を現在停止している。被害のあった利用者には金融機関と連携して全額を保証するとしている。「支払秘書」はゆうちょ銀行を含む37の金融機関と提携している。不正が疑われる引き出しがあった金融機関名は公表していない。

ウェルネットが2017年のサービス開始から全期間を対象に調査した結果、不正利用の疑いがあることが判明した。利用者に警察への届け出を呼びかけており、すでに18口座について被害届が提出されたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン