/

この記事は会員限定です

ローン返済に困ったら 住宅や奨学金、条件変更を検討

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で収入が減り、住宅ローンなどの返済に困る人が増えている。債務の返済が滞ると遅延損害金が発生したり個人の信用情報が傷ついたりするなど、今後の暮らしで不利益になりかねない。返済計画は交渉などにより変更できることがある。深刻な事態を避けるためには早めの対策が重要だ。

コロナが影響

「新型コロナの影響で勤務先から休業を求められた。このまま続くと2年前に買ったマンションの住宅ローンが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1500文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン