/

この記事は会員限定です

関西企業に副業の波 ダイドー、外部人材でDX推進

コクヨ、社内「複業」で事業創出

[有料会員限定]

関西の大手企業の間で、社員の副業解禁や外部から副業人材を採用する動きが広がってきた。ダイドーグループホールディングスは21日に新制度を立ち上げ、社員の副業を解禁。他の企業の社員などを対象に副業で働く人の募集も始める。コクヨは10月から社員が就業時間の2割程度を使って他部署で働ける制度を開始する。働き方の自由度を高めて柔軟な発想を生かす取り組みは今後も増えそうだ。

ダイドーは持ち株会社のほか、子会社のドリンコ、ビバレッジサービス、ビジネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1165文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン