/

この記事は会員限定です

[社説]感染実態踏まえたコロナ対策急げ

[有料会員限定]

菅義偉首相は新型コロナウイルス感染症の拡大防止と社会経済活動の両立を、当面の最重要課題と位置づけている。感染の勢いはやや衰えたが安心できない。正確なデータの収集や検査の拡充、医療体制の整備にスピード感をもって取り組んでほしい。

検査拡充手間取らず

政府は最近の感染第2波が最悪期を脱したとみて、今月19日から大規模イベントの人数制限を緩和する。10月には観光の需要喚起策「Go To トラベル」の対象に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン