抗原検査「鼻の入り口」の粘膜で可能に HUが申請へ

2020/9/17 18:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染を調べる抗原検査の簡易キットで、H.U.グループホールディングス(HD)がより簡単な使い方を申請する。患者が鼻の穴の入り口付近の粘膜を採取して検体とするやり方を加える。これまでは医療従事者が鼻の奥の粘膜を採取していた。患者の負担が軽減されるうえ、医療従事者が採取時に飛沫感染するリスクも抑えられる。

H.U.グループHDは子会社の富士レビオ(東京・新宿)が販売している簡易キ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]