イシノマキ・ファーム、就農支援で移住者呼び込む
東北6県 気になる現場

東日本大震災10年へ
2020/9/17 18:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県石巻市で農業を通じて移住を促す動きが出てきた。中心となるのが一般社団法人イシノマキ・ファームだ。農業の知識や技術を学ぶ研修制度を設け、就農支援を手がけている。ビールの原材料となるホップ生産にも乗り出し、地域で新たな雇用創出をめざす。

「ホップの香りがいいですね」。7月、石巻市内のホップ畑で収穫イベントに参加した人たちの声が弾んだ。2017年から始めたホップ栽培を体験する研修プログラムで、2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]