/

この記事は会員限定です

万博、藤本壮介氏 会場デザイン「分断の世界つなぐ」

万博×コロナ×未来 プロデューサーに聞く(1)

[有料会員限定]

2025年4月から半年間、大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」で開催する国際博覧会(大阪・関西万博)。コロナ禍の影響で各国への参加要請などは遅れが出ているが、7月に会場デザインや運営、テーマ館の検討などを担当するプロデューサー10人が決定。16日に発足した菅内閣では専任の万博担当相も新設され、計画具体化へ動き出した。コロナ禍を受けて大きく変化し始めた社会、その中で大阪万博が果たす役割や未来のあり方に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン