/

この記事は会員限定です

ブルー・ノート現象 放送大学教授 松原隆一郎

[有料会員限定]

外国から学んだ表現技術で、異なる世界に生きる自分たちの「心」は表現されるものだろうか。昭和24年の木下惠介「お嬢さん乾杯!」では、「土佐の高知のはりまや橋で」と民謡を唄う成金の佐野周二が、ショパンを弾きこなす原節子のお嬢様と生活の差を痛感し、去っていく。そんな佐野を原は追い、「惚(ほ)れております」と宣言する。ショパン風の「好き」や「愛してる」では、心が十分に伝わらないからだ。

山下洋輔の「ブルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り464文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン