香港銀、米中の板挟みに 金融制裁でリスク回避

米中衝突
香港デモ
中国・台湾
2020/9/17 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【香港=木原雄士】米国が8月に打ち出した香港への金融制裁の影響が広がってきた。大手銀行が制裁対象の香港政府高官らとの取引を見直し、民主派へのサービスを止める動きもある。ポンペオ米国務長官が英銀大手HSBCを名指しで批判するなど、銀行が米中対立に巻き込まれている。

トランプ政権は8月7日に大統領令に基づき、香港の自治侵害にかかわったとして林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官ら11人の米国内の資産凍結…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]