/

トヨタ、デンヨーと初の燃料電池電源車 まず実証運転

トヨタがデンヨーと共同開発する燃料電池電源車(完成車両のイメージ)

トヨタ自動車は17日、移動式発電機のデンヨーと燃料電池電源車を共同開発し、実用化を目指すと発表した。トヨタは燃料電池車(FCV)の乗用車やバスなどを持つが、燃料電池を使った電源車を開発するのは初めて。9月から実証運転を始めて二酸化炭素(CO2)排出量の削減など効果を検証する。

電源車はトヨタの小型トラック「ダイナ」をもとに、FCV「ミライ」に搭載の燃料電池システムを活用。デンヨーが開発した燃料電池向けの給電機器を載せる。

発電に使う水素は約65キログラム(水素タンク27本分)を搭載。往復200キロメートル前後の場所まで行って連続約72時間の発電が可能で、生成物の水がシャワーなどにも使える。災害発生時や屋外イベント用などに環境負荷の低い電源車として実用化を目指す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン