中国のコロナワクチン供給、年内に18カ国へ

中国・台湾
2020/9/17 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【大連=渡辺伸、北京=羽田野主】中国が新型コロナウイルスのワクチンを使った外交を加速している。製薬3社の最終の臨床試験(治験)を現在9カ国で実施するが、年内にも2倍の18カ国程度に増える見通し。ワクチン輸出で影響力を高める狙いとみられるが、安全性には不安が残る。

中国製薬各社の発表資料や取材をもとに集計した。中国では新規感染が減っており、感染が広がる海外で最終治験を実施している。広域経済圏構想「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]