/

この記事は会員限定です

軽くて丈夫な歯車実用化へ EV向け 静岡の企業など研究

[有料会員限定]

複合素材の開発・製造を手がけるアドバンスコンポジット(静岡県富士市)は軽くて丈夫な歯車の実用化に乗り出す。産業技術総合研究所とともに複数の素材を組み合わせる量産技術を確立し、これまで難しかった軽量化を実現する。電気自動車(EV)やドローンなど用途は幅広いとみて需要の取り込みを狙う。

歯車は動力を効率的に伝えることができ、自動車や機械など幅広い製品に欠かせない部品だ。通常は歯型の部分も含めて単一の素...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン