ボーイングに不信の連鎖、737MAX、見えぬ運航再開

2020/9/17 17:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】2度の墜落事故で運航停止に追い込まれた米ボーイングの小型機「737MAX」への批判がやまない。米議会下院の運輸・インフラ委は16日、墜落事故に関する最終報告書を公開。ボーイングの「隠蔽体質」を非難した。運航停止から1年半。新型コロナウイルスの影響による市況の悪化も響き、浮上の兆しは見えない。

報告書によると、ボーイングは「MCAS」と呼ぶ機体の失速を防ぐシステムの危険性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]