/

この記事は会員限定です

「デリバティブも電子化」シティのワトソン氏

デジタルトレーディング最前線 外為NOW(4)

[有料会員限定]

シンガポールでは現在、外為の電子取引プラットフォームにおける値付け業者である「流動性供給者(リクイディティー・プロバイダー)」として9社が公認されている。その1社が米シティグループだ。同社のスポットe―トレーディング部門のグローバルヘッド、マーティン・ワトソン氏は「デリバティブ(派生商品)にも自動化がどんどん広がっている」と話す。もともと相対取引が主流だったデリバティブにおける電子取引に積極的に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン