/

北村氏「相当ほら吹いた」 全国視察で前地方創生相

北村誠吾前地方創生担当相は17日、後任の坂本哲志氏との新旧大臣引き継ぎ式で、自身が在職中に47都道府県の視察を達成したことに触れ「47回って相当ほら吹いてきましたから。後の始末をよろしくお願いします」と述べた。

発言は引き継ぎ式の途中、報道陣が大臣室から退出する間際に、坂本氏との会話の中で出た。

北村氏は昨年9月に就任。今月10日に兵庫県を訪れ、地方創生担当相として初めて全都道府県を視察した。在任中は、地方創生の広がりについて「台風で無残にもひっくり返るような根の張り方ではない」と述べ、台風の被災地に配慮を欠いた発言と批判されるなど、失言が目立った。

北村氏は長崎県出身で、衆院議員秘書や同県佐世保市議などを経て中央政界入りした。衆院長崎4区選出で現在7期目。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン