/

この記事は会員限定です

日田彦山線にBRT 振興策ないまま着工 デマンドバス案も

公共交通の行方(上)地域の足

[有料会員限定]

2017年の豪雨で一部不通となっていたJR日田彦山線の復旧工事が8月下旬に始まった。鉄道ではなく、BRT(バス高速輸送システム)による復旧を目指すが、利用促進策はこれから。沿線自治体では高齢者が公共交通機関を使って病院に行くこともままならない。地域の実情に根ざした交通網を維持するには何が必要なのか。

9月上旬、不通となった添田(福岡県添田町)―夜明(大分県日田市)間で、BRT導入のための測量作業が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン