/

TDL、「美女と野獣」などの新エリア28日開業

新エリアでは「美女と野獣」に登場する城を再現した

オリエンタルランドは17日、東京ディズニーランド(TDL)で開発していた新エリアを28日に開くと発表した。新エリアは人気映画「美女と野獣」の街並みを再現したほか、「ベイマックス」などの新しいアトラクションも導入する。当面は入場制限を実施し、TDLに入場後、スマートフォンのアプリでの登録が必要となる。

新エリアは「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」にまたがる。目玉は美女と野獣の大型アトラクションで、作中に登場する城を再現し、乗り物に乗って映画のシーンを楽しめる。美女と野獣のアトラクションと「ベイマックスのハッピーライド」や、ミニーと触れ合える「ミニーのスタイルスタジオ」といったアトラクションに入場するには、スマホアプリで申し込みが必要となる。状況によっては、入場できないこともあるという。

レストランや土産物のショップへの入店はネットで事前予約が必要となる。TDL全体の入場者数は、新たなエリアの開業により、7月1日の再開時よりは増える見込みだ。新エリアはもともと4月に開業予定だったが、新型コロナウイルスの影響で休園したため、開業時期を延期していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン