楽天、過疎地でドローン配送システム 21年メドに提供

宅配クライシス
2020/9/17 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

楽天は過疎地など物流が難しい地域向けに、2021年をめどに小型無人機(ドローン)の配送システムの提供を始める。全国で「宅配クライシス」が起きたが、離島や山岳は特に物流費が高く、ドローンの需要は大きい。規制緩和も見据え、地元企業などがドローンを活用しやすい遠隔監視システム、運用する人材の教育をパッケージとして開発する。

これまでにローソンや西友などと連携し、過疎地や離島などで計20近い実験をし、今…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]