脱炭素とエネルギー政策(2) 変容するエネルギー安保
京都産業大学教授 藤井秀昭

やさしい経済学
2020/9/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

過去30年、世界ではエネルギー安全保障に関わる大きな出来事が相次ぎました。米ソ冷戦の終結、グローバリゼーションの進展、東日本大震災・原発事故、そして新型コロナウイルス危機などです。経済学者J・K・ガルブレイスが「通念の敵は観念ではなくて事実の進行である」と言ったように、エネルギー安全保障の通念や概念を変える事実の進行といえます。

エネルギー安全保障概念を規定する要素は、保障対象、リスクの種類、保…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]