/

菅首相「国民の期待に応える」 新内閣が本格始動

(更新)
首相官邸に入り、記者の質問に答える菅首相(17日午前)

菅内閣の発足から一夜明けた17日午前、新内閣が本格的に始動した。菅義偉首相が掲げる省庁の縦割り打破や規制改革に政府一体で取り組む。首相官邸に入った首相は記者団に「身の引き締まる思いだ。国民のために働く内閣をスタートさせ、しっかりとした成果をあげて国民の期待に応えたい」と語った。

18日に副大臣・政務官人事を実施すると明らかにした。首相主催の「桜を見る会」を廃止するか問われると「予算要求しないということだ」と述べた。

首相は早朝から活動を開始した。17日午前7時前にいったん官邸に入り、敷地内で日課の散歩をこなした。その後、都内のホテルで朝食を兼ねた会合に出席し、官邸に戻って執務にあたった。午後には臨時国会の開会式に出席する。

加藤勝信官房長官は午前8時ごろ、都内で記者団の問いかけに応じた。「首相の掲げる改革を一つ一つ実施したい。国民の目線に立ち、思いに応える政策を具体的に出していくのがこの内閣の使命だ」と話した。「官房長官としても役割を果たしたい」と強調した。

閣僚の多くは16日の内閣発足後の閣議や記者会見が深夜に及んだため、初登庁が17日となった。

首相が重視する携帯電話料金の引き下げに取り組む武田良太総務相は9時半ごろ、総務省に入った。記者団に「国民目線に立った政策をしっかりと実行に移していきたい」と力説した。

新設したデジタル改革相に就いた平井卓也氏は内閣府で「デジタル庁」の創設に向けた行程表をつくると表明した。「首相の意向はスピードアップして結果を出せということだ」と説明した。

再入閣した田村憲久厚生労働相は厚労省職員に「ミスは大きな問題になる前にちゃんとチェックし、国民に迷惑をかける前に解決する強い組織にしよう」と訴えた。

再任した小泉進次郎環境相は環境省と原子力規制庁の幹部職員に「継続や安定というより新たなスタートだ」とあいさつした。縦割り打破に関して「悪しき前例主義を一つ一つ解消し今までにない先例を作っていこう」と呼びかけた。

同じく再任の萩生田光一文部科学相は文科省の講堂で訓示した。「各局、各課で抱えている課題について時には見方を変え、思い切って結論を出せる仕事の仕方をしてほしい」と呼びかけた。西村康稔経済財政・再生相は首相から「『ちゅうちょなく臨機応変に時機を逸することなく対策を講じるように』と指示された」と話した。

初入閣した野上浩太郎農相が農林水産省で記者会見し、首相から「農林水産品の輸出、農林水産分野の改革をしっかりと進めてほしい」との指示があったと説明した。

防衛相から横滑りした河野太郎行政改革・規制改革相は防衛省で離任式に臨み「これからも国民の平和な暮らしが守られるように努力をお願いしたい」と求めた。

3度目の法相に就任した上川陽子氏は法務省で森雅子前法相から引き継ぎを受けた。その後の訓示で、黒川弘務元東京高検検事長の賭けマージャン問題などを念頭に「負の遺産を即刻整理し、国民からの信頼回復へ全力を尽くす」と述べた。

首相は副大臣・政務官人事の決定に向け、加藤氏らとの調整を本格化する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン