ハリケーンで40万戸停電 米南部「歴史的」洪水も

2020/9/16 23:58 (2020/9/17 0:03更新)
保存
共有
印刷
その他

ハリケーン「サリー」は深刻な洪水被害が懸念される(16日、フロリダ州)=AP

ハリケーン「サリー」は深刻な洪水被害が懸念される(16日、フロリダ州)=AP

【ニューヨーク=共同】米メディアによると、強い雨を伴うハリケーン「サリー」が16日午前、メキシコ湾から南部アラバマ州に上陸、同州とフロリダ州で約40万の世帯や事業所が停電となった。

サリーは上陸後、5段階分類で一番下の強さの「カテゴリー1」となったが、持続的な降雨が予想されるため、気象専門家は今後「歴史的かつ壊滅的な洪水」が起きる可能性があると警告している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]