/

国会2位席に河野行革相 閣僚応接室などの席順発表

(更新)

政府は16日、閣僚が閣議前に集まる首相官邸の閣僚応接室と、国会の衆参両院本会議場の閣僚席(ひな壇)の席順を発表した。本会議場の閣僚席は議場から見て中央演壇の左側に首相、演壇を挟んで右側の序列2位の席に河野太郎行政改革・規制改革相が座る。

官邸応接室では菅義偉首相の左隣でナンバー2とされる席に麻生太郎副総理・財務相、3番目にあたる右隣の席に茂木敏充外相をあてた。国会内の閣僚応接室でも同様に、首相の左隣に麻生氏、右隣に茂木氏が座る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン