/

菅首相「桜を見る会」は中止に

菅義偉首相は16日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」について「首相に就任したこの機に来年以降、今後は中止したい」と明言した。2021年度予算案で経費を要求しない考えも示した。

理由について「安倍政権が長くなるなかで招待客が多くなり、会のあり方についても色々な批判がある」と説明した。「今は新型コロナウイルス対策に集中していきたい。そういう強い思いのなかで予算要求しないことを決めた」と語った。

桜を見る会を巡っては、安倍晋三前首相が地元後援会関係者を多数招待していたことが野党などからの批判を集めた。

菅氏は学校法人「森友学園」や「加計学園」を巡る問題への見解についても問われ「安倍政権に様々な指摘をいただいた。客観的にみて、おかしいことは直していく」と強調した。「今後ご指摘のような問題が起こることがないよう、皆さんの声に謙虚に耳を傾けながらしっかりと取り組んでいきたい」とも話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン