9/25 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ワタミ、劣後ローン30億円調達 居酒屋の3割業態転換[有料会員限定]
  2. 2位: 年金運用もESG重視 金融機関、商品を拡充[有料会員限定]
  3. 3位: 上場企業の減損、過去最大4.2兆円 20年3月期[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均終値、116円高の2万3204円 配当狙いの買いも
  5. 5位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

業績ニュース

川崎重工の山本CFO「航空向け苦戦 融資枠2.5倍」
回復を探る コロナ禍と財務

2020/9/16 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正>9月16日22時30分から同22時56分まで掲載した際に、見出しの山本氏の肩書を「社長」としていましたが、正しくは「CFO」でした。見出しは修正済みです。(2020/9/17 15:28)

川崎重工業は2020年4~6月期の最終損益が117億円の赤字で、赤字幅は過去最大になった。新型コロナウイルスの流行を受けて世界の航空会社が運航を大幅に減らしており、基幹部品などを造る航空機事業の苦戦は長期化が見込まれる。収益をどう立て直すのか、山本克也副社長兼最高財務責任者(CFO)に聞いた。

――20年3月期は純現金収支が848億円のマイナスと、11年ぶりの流出規模でした。

「航空機産業を中心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム