創薬ビッグデータで歯磨き粉 ワールドF、成分探索

2020/9/17 7:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発のワールドフュージョン(東京・中央)は、ビッグデータを活用して有効成分を短期間で割り出すことに成功した。同社は関連ソフトを外販しており、微生物やウイルスに作用する化合物を探し出せる機能を加えて受注拡大につなげたい考えだ。今後1年で約10社、1億円の売り上げ増を目指す。

ソフトは2019年から販売している「LSKB」。創薬候補となる化合物を効率良く探せるのが特長だ。今回は、歯周病に関連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]