J-TEC、眼科の再生医療品 口内の細胞を角膜に

エレクトロニクス
ヘルスケア
2020/9/16 20:52
保存
共有
印刷
その他

富士フイルム子会社のジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は、視力の低下などを引き起こす「角膜上皮幹細胞疲弊症」の治療向けに、患者自身の口内の粘膜細胞から培養した細胞シートの製造販売承認を厚生労働省に申請した。角膜と細胞の性質が似ている口内の組織を使い、両目の幹細胞が欠損して角膜を培養できない患者でも治療を可能にする。

J-TECが口内の細胞を培養して作製した細胞シート(手前)

再生医療製品は開発名「COMET01」で、口の中の粘膜組織から取り出した細胞を培養して作製する細胞シートだ。欠損した角膜に移植して再建する。移植後に拒絶反応が出ないよう、患者自身の組織を使う。組織を採ってから培養し、移植するまで1カ月ほど要する。

角膜上皮幹細胞疲弊症は、角膜が濁って視力の低下や目の痛みなどが発症する疾患。先天性のものと、目に薬品などが触れて幹細胞が傷つく後天性のものがある。患者は国内で年間500人程度と推定されるという。

COMET01は3月、対象となる患者数が国内で5万人未満の疾病で使用価値が高いなどとされる「希少疾病用再生医療等製品」として指定を受けた。

同社は5月、同じく角膜上皮幹細胞疲弊症の治療向けに、患者自身の細胞を使った細胞シート「ネピック」を発売した。ただ、原材料となる角膜の幹細胞が両目で広範囲に欠損すると培養できなくなる課題があった。COMET01はネピックの代わりとして、角膜が大部分欠損している患者向けに使う。

大阪大学の西田幸二教授が開発した、患者自身の口内の粘膜から細胞シートを作製して移植する技術を活用した。

過去に承認された9品の再生医療等製品に続き、10品目の承認・保険適用を目指す。販売は眼科医療機器メーカーのニデック(愛知県蒲郡市)が担当する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]