/

この記事は会員限定です

加藤官房長官、調整力に定評 霞が関熟知「もろ刃の剣」

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相は自身の後任となる官房長官に加藤勝信前厚生労働相を選んだ。旧大蔵省出身で行政の実務に詳しく、調整能力にたけた点が起用の決め手となった。霞が関の仕組みを熟知するのはもろ刃の剣だ。時に政治家としての突破力を鈍らせるおそれもある。

加藤氏は2012年12月の第2次安倍政権発足後、官房副長官として3年近く官房長官の菅氏を支えた。このとき初代の内閣人事局長も兼務した。首相官邸主導の人事の流れを穏当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り472文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン