/

この記事は会員限定です

万博関係者、専任担当相に「リーダーシップ発揮を」

[有料会員限定]

新内閣では2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の担当相を新設し、井上信治元環境副大臣(50)を起用した。これまで経済産業相が兼務していたが、専任の閣僚を配置することになり、万博関係者からは開催準備の推進などに期待する声が上がった。

「井上さんは現在の閣僚の中で2番目に若い。新しい万博を引っ張ってもらいたい」。大阪府の吉村洋文知事は16日の定例記者会見で井上氏の起用を歓迎した。「井上さんとは面識が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン