/

ウフル、ものづくりのデジタル化支援 松尾産業と資本提携

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」システムを開発するウフル(東京・港)は、ものづくり現場でのIoT導入支援を強化する。素材や部品などを取引する専門商社の松尾産業(大阪市)と資本業務提携した。同社が取り扱う商材や顧客ネットワークを生かし、IoT機器の社会実装を進める。

松尾産業が第三者割当増資を引き受けた。金額や出資比率は非公表。松尾産業は塗料の原材料や自動車部品などを取り扱う商社で、自動車や建設などを顧客に持つ。製造現場では人手不足が深刻化しておりデジタル化が求められているが、IoTセンサーがなかったり、ソフトウエアの知識がなかったりして導入が遅れている。松尾産業のハードの知見とウフルのIoTシステムを組み合わせて、企画から実装までものづくりの現場を支援する。

ウフルの海外事業統括子会社の栗原洋介最高経営責任者(CEO)は「松尾産業は現場の課題を理解している。現場のデータを集めて製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援したい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン