/

この記事は会員限定です

景気の底割れ回避優先 麻生氏「財政・財投を活用」

[有料会員限定]

16日発足した菅義偉内閣では、麻生太郎財務・金融相や西村康稔経済財政・再生相ら主要な経済閣僚が再任された。新型コロナウイルスの感染が続くなか、まずは7.8兆円残る予備費を使い、これまでの経済対策を継続する。危機のなかで始動する新政権は、景気の底割れを回避することを優先した経済・財政運営に軸足を置く。

麻生氏は16日夜、初閣議後の記者会見で「財政や財政投融資を活用し、景気を戻していくのが今の大きな要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1018文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン