/

静岡の経済界、経済政策やデジタル化に期待 菅内閣に

菅義偉内閣の発足を受けて静岡県内の経済界からは、新型コロナウイルス対策と経済活動の両立、デジタル化の推進などに期待する声が相次いだ。

静岡県経営者協会の中西勝則会長は「コロナ禍で日本経済はかつてない難局に直面している。改革を断行し、力強い経済成長を実現してほしい」と求めた。

浜松商工会議所の大須賀正孝会頭は「難局を乗り切るには適任。中小企業を念頭に迅速かつ効果的な経済政策を期待する」とコメントしている。静岡県中小企業団体中央会の山内致雄会長は「地域の中小事業者の厳しい現状を鑑みた有効な施策を迅速に講じて」と訴えた。

静岡商工会議所の酒井公夫会頭は「行政のデジタル化を社会全体の効率化とコスト削減につなげるべく、ぜひ推進してほしい」と注文した。静岡県商工会連合会の前沢侑会長は「菅新首相は秋田出身。地方創生に期待するところは大きい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン