/

この記事は会員限定です

中国、米産大豆の予約拡大 大統領選前に影響力誇示

[有料会員限定]

【北京=川手伊織、ワシントン=鳳山太成】中国が米国産大豆の購入予約を急拡大している。8月以降、1年間の予約量を2.2倍に増やした。いつ輸入するかは中国が決められ、過去に予約を取り消した例もある。対中圧力を強める米国を揺さぶる思惑だが、対米政策の手詰まり感も映す。

米農務省によると、中国側が「2020年9月~21年8月に購入する」と契約した大豆量は9月15日時点で989万トン。このうち8月に327万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り972文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン