/

共産、22年ぶり他党に投票 首相指名選挙

共産党は16日の衆参両院の首相指名選挙で、立憲民主党の枝野幸男代表に投票した。共産党によると、他党候補への投票は旧民主党の菅直人代表に入れた1998年以来、22年ぶりとなった。

小池晃書記局長は記者会見で、立民が合流新党として発足したのを踏まえ「新しい政権をつくる意思表示として一票投じた」と説明した。枝野氏は国会内で記者団に「野党連携を幅広く検討していきたい」と語った。

枝野氏は衆参両院で立民、共産、国民民主、社民の各党に加え、無所属の一部からも票を得た。

日本維新の会は衆参とも片山虎之助共同代表に入れた。衆院ではNHKから国民を守る党の丸山穂高氏が小泉進次郎環境相に投票した。

参院では白票が3票あり、そのうち1票は自民党の関口昌一参院議員会長が投じた。誤って決選投票用の予備の票を入れたという。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン