/

この記事は会員限定です

新生銀、長野の建設会社に過半出資 事業承継支援で

[有料会員限定]

新生銀行は傘下の投資専門会社を通じて土木会社のワールド開発工業(長野市)に過半出資する。最大5年間株式を保有し、事業承継を支援する。金融庁が昨年秋に事業承継を目的とする出資への規制を緩めており、同目的の過半出資は大手行で初となる。

建設機材のレンタルを手掛けるアクティオ(東京・中央)と共同で株式を取得する。取得額は非公表。新生銀が株式の過半を保有し、内部管理などを担う。ワールド開発は事業承継で課題を抱えて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン