九州圏の8月輸出 16%減 自動車の改善続く

九州・沖縄
福岡
2020/9/16 18:20
保存
共有
印刷
その他

門司税関が16日発表した8月の九州経済圏(九州7県と山口、沖縄県)の貿易統計(速報値)は、輸出額が5735億円と前年同月比16%減少した。7月(22%減)より改善した。主力の自動車輸出は21%減の1300億円で、5月(62%減)を底に回復が続いている。米国向けの自動車輸出は5%増の349億円と13カ月ぶりにプラスに転じた。

全体の輸出の減少は13カ月連続。門司税関の大内伸司調査部次長は「米国経済…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]