東京・池袋に「キッズパーク」 26日に開園

2020/9/16 16:09
保存
共有
印刷
その他

電動の機関車が園内を走る

電動の機関車が園内を走る

東京都豊島区は、池袋の造幣局東京支局の跡地内に、子供向け遊具を集めた公園「としまキッズパーク」を26日に開園する。著名な工業デザイナー、水戸岡鋭治さんがデザインを手掛けた。園内には電気で走る機関車などの乗り物のほか、ブランコや滑り台などの遊具もそろう。

面積は約1000平方メートル。区が整備した防災公園「イケ・サンパーク」に隣接する。入園料は無料だが、一般利用の場合は当面予約制となる。開園に合わせ、池袋を周遊する小型電気バス「イケバス」の停留所もイケ・サンパーク内に新設する。

キッズパークの土地は豊島区が都市再生機構(UR)から無償で借りている。開園期間は原則4年間だが、延長する可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]