/

この記事は会員限定です

タイ民主派が王室改革要求、賛否両派に聞く

[有料会員限定]

【バンコク=村松洋兵】昨年に民政移管されたタイで、新型コロナウイルスを理由に非常事態宣言の延長を繰り返すプラユット政権への抗議デモが続く。バンコクでの8月の集会では、一部が政府の権威の源泉とされる王室の改革要求に踏み込んだ。これに王室支持の団体が反発し、市民は分断されているようにもみえる。19日には再び大きなデモが首都で計画される。デモの民主化グループ、王室支持派のそれぞれの有力者に聞いた。

憲法改正拒めば抗議加速 民主派団体「フリーピープル」のタテープ事務局長

8月のデモで(不敬罪の撤廃や王室財産の管理見直しなど)王室改革を求めたのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン