コロナ下での経済活動維持には? 長崎県内の取り組み

2020/9/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長崎県の自治体や大学のなかで、新型コロナウイルスと共存しつつ経済活動の継続を目指す取り組みが広がっている。長崎市など県内3市と3市の観光協会は、適切な感染防止対策を実施する宿泊施設の認証活動を開始。長崎大学病院は、希望すれば無症状の人でもPCR検査を受けられる体制を整え、企業が従業員の安心・安全を確保しやすいよう努めている。

長崎市、雲仙市、佐世保市と各観光関連団体、長崎大は8月初旬に、感染予防…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]