/

この記事は会員限定です

「持久戦」に「大食い禁止」 内に向く中国の事情

編集委員 村山宏

[有料会員限定]

近ごろ北京ではやるもの、持久戦、国内大循環、食べ残しと大食いの禁止……。北京に本拠を置く中国メディアを最近にぎわしている言葉の数々だ。いずれも言い出したのは習近平(シー・ジンピン)国家主席で、習氏が使い始めるや、学者や高官が追従して「流行語」となった。一見すると関連のない言い回しが並んでいるようだが、米中対立が終わりを見せないなかで、中国が内向きにならざるをえない事情が言葉の端々から見えてくる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン