最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,656.02 +88.98
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,650 +120

[PR]

投信ニュース

フォローする

9月23~25日の新規設定ファンド

2020/9/18 12:00
保存
共有
印刷
その他

来週(9月23~25日)の国内公募投資信託は、事前に定めた目標の期日に向けて資産配分を変えながら運用するターゲット・デート・ファンド(TDF)4本を含む9本が新規設定される予定。

三菱UFJ国際投信は23日、「百戦錬磨の名人ファンド」を設定する。国内株式を対象に、信用取引を活用して期待リターンの高い銘柄の買いと低い銘柄の売りを組み合わせ、相場の上昇、下落両局面での収益の確保を目指す。ノーロード(購入時手数料無料)だが、運用成果によって信託報酬に成果報酬が追加される。同社が直販で取り扱う。

同日には三井住友DSアセットマネジメントが「ひとくふうターゲット・デート・ファンド」シリーズを設定する。退職時期などの目標年(2035年、2045年、2055年、2065年)に向けて、時間の経過とともに値動きの大きい株式の比率を下げて徐々に安定的な運用に切り替えるファンド。市場環境によって投資比率を機動的に調整し、相場の下落局面での損失抑制も図る。

25日には、りそなアセットマネジメントが「埼玉りそな・グローバルバランス・プラスESG<愛称:SaitamaDGs>」を設定する。独自の定量モデルを用いて算出した資産配分比率に基づき8つの資産に分散投資し、外貨建て資産の一部は為替ヘッジする。収益の一部は埼玉県の「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」へ寄付される。販売は埼玉りそな銀行のみとなる。

(QUICK資産運用研究所 小山乃正)

投信ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム