/

この記事は会員限定です

ジェットスター・ジャパン、希望退職を実施

エアアジア・ジャパンも6月に

[有料会員限定]

日本航空(JAL)などが出資する格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンがパイロットや客室乗務員を対象に希望退職を募集していることが、16日分かった。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客需要は急減し、人件費を圧縮する。関西国際空港発着の路線の一時的な減便など、規模縮小も検討する。

希望退職の対象になるのは正社員や契約社員約600人。現在実施中の一時帰休の延長や長期の無給休暇の取得、配置の転換も提示し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン