東南アジア、リゾート再開及び腰 経済へ打撃深刻

2020/9/16 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=村松洋兵、ジャカルタ=地曳航也】東南アジアの有名リゾート地が外国人観光客の受け入れ再開に慎重な動きを見せている。国境を閉じ続ければ経済が深刻な打撃を受ける一方、再開すれば外国人の流入で新型コロナウイルス感染を広げるリスクがある。各国政府は両立に苦慮している。

タイ政府は15日、10月から入国後14日間の隔離を条件に外国人観光客に特別ビザを発給する方針を閣議決定した。政府指定のホテルで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]